--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.01(Thu):紡いだ詩たち
暖かな陽射しが緑を包んで
穏やかな風が木々を揺らす
溶けた雪は水となり葉を濡らし
僕は奏でる「春」の音を

東風が吹き風光る
のどかな春の香りが君を包み
ほら花たちも笑って共に歌うんだ

ふわふわり桜が舞い踊る
冬の雪が花びらに変わって
君の頬にやがて舞い落ちる
鮮やかな桃色の桜の花


ruetaanimikioiadetorekawa
hariokanoruhanakararau←
?norusudaminaimooninahamikinitsu
sekinokonakatayuisakishi←


蜃気楼幻想的な
自然が織り成す神秘の奇跡
さぁ君も涙をふいて共に歌うんだ

きらきらり春光が降り注ぐ
君との別れに捧ぐ勿忘草
霞みゆく夜に朧月が
陽炎と共に光り輝いていた

ふわふわり桜が舞い踊る
冬の雪が花びらに変わって
君の頬にやがて舞い落ちる
鮮やかな桃色の桜の花


僕が奏でた「春」の詩
君に届いていますか?
これから新たな出会いを迎え
君の新たな物語が始まる



雪もやんで爽やかな朝が来た、というイメージで作った春の舞台。
春兄が歩けば花たちが咲いていく。
そんなイメージの四季で一番のお兄さんな春兄。

春兄を演じて奏でてくれた劇団PingPongDASH!の宮崎くんも、季節の音チームでは最年長でした。
あーだこーだと一番春兄を作るうえで私とお話してくれました。
細かいところまで気を配って努力家な彼。
一つ一つの動きがとても丁寧で、春兄そのものだなぁと思いました。
彼が笑うと思わず笑顔になるのも、春兄らしいキャラクターだなぁと感じ、嬉しかったです。
ありがとうね♪

春のオリジナル言語訳
→麗らかな春の香りは別れと出会いを君に与える
→色彩豊かなこの季節に君は何を想い涙するの?
スポンサーサイト
2013.08.01(Thu):紡いだ詩たち
itomamishinakariwahugakiyu←
rumasokutametumodarakamorokoko←

聞こえてくる キラキラと輝いた
周りはもう 白銀に変わった
真っ白な息が 身体中を包んで
僕は一体 どこへ向かえば

鈴の音が響くこの世界で ぼんやり立ち尽くした
見上げればはらはらと 舞い散る雪が僕の頬を撫でる

僕が奏でる「冬」の音は 心まで冷たく
綺麗に流れるような 透き通る白い花
風花が舞いきらきらり 全ては銀世界
悲しみは何もかも雪で 溶かしてしまえばいい


行火が僕の行くべき道を 明るく照らしてくれる
やがて空には始まりの 初日が昇って光を照らすんだ

埋火がほら消えていく 雪化粧が溶ける
眠りについていた者たちも 目覚め始めていく
僕が奏でる「冬」の詩は 掠れてしまった
もうすぐ僕も消えていくよ でも忘れないで欲しい
風花が舞いきらきらり 最後のいたずら
もうそこにほら暖かい 春の光が君を導いていく

rukugaruhategayaketogakiyu←
osashisayainakashiniyuhudeinaresuwamode←




雪が舞い散る夜が舞台の冬の音。
一人ぼっちで奏でる冬の子。

そんな冬の子を演じてくれたのはES団員でもある濱崎くん。
独特で、重みのある歌声が冬にぴったりでした。
一番練習時間が少なかったのが彼ですが、冬の空気をしっかり作ってくれました。
夏っ子や秋娘よりは少し大人な冬の子。
なんだかんだで、彼が一番僕を包み込んでくれたキャラクターだと思いました。
素敵な冬の子ありがとう♪

冬のオリジナル言語訳
→雪がふわり悲しみ纏い
→心も体も冷たく染まる

→雪が溶けやがて春が来る
→でも忘れないで冬にしかない優しさを
2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
ruitereyunikazushigahonai reguyunokiatsumaomiyaiyo←

星月夜 生き御霊と共に
僕は「秋」の音を奏でる

十五夜の月は いつもより輝いて
十六夜の月は いつもより寂しげな光
何故こんなに悲しいのだろう
陽が昇ればまた笑顔になれるだろうか
不知火の赤々と燃えた 炎はやがて水に消えてゆく

秋は夕暮れ 時雨が地を叩く
今日は月が光を 射すことはないのだろう
落ち穂はやがて 雨に濡らされて
もう二度と高い空へ 手を伸ばせないのだろう
木枯らし吹いて もうすぐやってくる
冬を待ち望んでいる

kinatokorukahirinatotsugenshi kiyuekitegayahakitsu←
surateotirinatotsugenmahagoisa shidaokateshitokidukami←

秋は夕暮れ 時雨が地を叩く
今日は月が光を 射すことはないのだろう
生き御霊は 涙を流して
「秋」の音に詩を乗せて 切なそうに歌うのだろう
そして宵闇に 悲しい音がほら
響き渡っていった



秋の音は夕方にぱらぱら降ってきた雨が舞台。
もうすぐ冬がやってきてさらに悲しくなっていく情景。

唯一の女の子、佐武ちゃんが演じてくれた秋娘。
秋娘は佐武ちゃんしかいないなーとすごく思いました。
彼女の切なそうな表情が秋のイメージにぴったりでした。
人一倍歌を頑張ってくれた彼女。
誰よりも力強く「頑張ります!」と言ってくれました。
夏っ子より少しお姉さんな秋娘を演じ、歌いきってくれました。
ありがとう♪

秋のオリジナル言語訳
→宵闇を待つ秋の夕暮れ 稲穂が静かに揺れている

→月はやがて消えゆき 新月となり光ることなき
→三日月として顔を出し 最後は満月となり地を照らす
2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
rasarasahanosasa nimeyunoyonotsuna←
rakirakimasashiho nimeyunoyonotsuna←

たくさんの星屑が散らばる
僕が奏でるのは「夏」の音
まるで一つ一つが音符のように瞬いてる

太陽が顔を出す頃は
暑い日差しが青い海に差し込んで
風鈴の優しい音色が
火照った心を涼めてくれる

rasarasahanosasa nimeyunoyonotsuna←
rakirakimasashiho nimeyunoyonotsuna←

蛍の光 川を照らし
一つ また一つ 消えてゆく
祭囃子 賑やかさを増して
空に咲いた 色とりどりの花火

「夏」の音 奏でる僕は
鬼灯の形をした 明かりに照らされ
五月雨の降る短夜に
この詩を歌うよ

雨は止み 朝日が昇り
残った雫たち 葉の上で踊る
背伸びをしたひまわりたちは
届くはずのない
太陽に笑みを送る

rasarasahanosasa nimeyunoyonotsuna←
rakirakimasashiho nimeyunoyonotsuna←


夏の舞台は晴れ渡る青空が広がる昼下がり。
朝から少し雨が降っていた模様。
夏は私の中で音符が弾けるようなイメージでした。

夏の音はキャストに多田くんを迎えて奏でた詩です。
夏っ子って呼んでましたw
4人の中で一番末っ子くん。
明るく元気いっぱいな甚平少年です。
彼自身すごく緊張したようですが、元気いっぱいに演じてくれました!
お客様からもかわいい!との声が。
かわいい夏っ子ありがとう♪

夏のオリジナル言語訳
→夏の夜の夢に笹の葉さらさら
→夏の夜の夢にお星様きらきら
2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
spring,summer,autumn,winter.
Story can be called "Four Seasons" for the first time have all.
(全て揃って初めて「四季」という物語が出来る)

kinatokoruresuwa rokokonotomaya teiwazia riokanokishi

temetotsuhayufu reguyuhakia ruyohatsuna nobokeaharuha←

nakakishikutsuu tagasurutiima toraharaha haimookikafu
nikazushihayuhu kinatsusehakia kurukaahatsuna kishisayaharuha←

桜が咲いて 陽がまぶしく 木枯らし吹いて 雪が冷たく
季節の色が 鮮やかに映る 四季と言う名の 物語

音のあるこの世界で 僕たちは今 詩を歌うよ
僕たちにしか出来ない 音を空に響かせるんだ
四季は巡るくるくると 春夏秋冬色を変えて
それぞれの詩を君に 伝承の歌として伝えてゆく

kinatokoruresuwa rokokonotomaya teiwazia riokanokishi

temetotsuhayufu reguyuhakia ruyohatsuna nobokeaharuha←

nakakishikutsuu tagasurutiima toraharaha haimookikafu
nikazushihayuhu kinatsusehakia kurukaahatsuna kishisayaharuha←


すべてのはじまりのうた
僕らの世界へようこそ
ここは異世界
その中にある緑あふれる森の中
そこで詩を紡ぐ季節の精霊たちと
精霊たちの言の葉を人へと伝承する一人の少女
そんな彼らの物語の始まりの詩です。


舞台で歌わせていただいたのは最初の英歌詞だけでしたが、実は序章はこういう流れになってます。
残りのところ、なんて書いてるか謎だと思うのですが、実は←の方向から読むとちゃんとした日本語になるんです。
ちなみに序章では、

→春はあけぼの 夏は夜 秋は夕暮れ 冬は努めて
四季の香り 味わいて 大和の心 忘れることなき

→春は優しき 夏は明るく 秋は切なき冬は静かに
深き想いは はらはらと 舞い散る姿 美しきかな

と書いています。
よーく読めばわかりますよ(´ω`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。