--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
ruitereyunikazushigahonai reguyunokiatsumaomiyaiyo←

星月夜 生き御霊と共に
僕は「秋」の音を奏でる

十五夜の月は いつもより輝いて
十六夜の月は いつもより寂しげな光
何故こんなに悲しいのだろう
陽が昇ればまた笑顔になれるだろうか
不知火の赤々と燃えた 炎はやがて水に消えてゆく

秋は夕暮れ 時雨が地を叩く
今日は月が光を 射すことはないのだろう
落ち穂はやがて 雨に濡らされて
もう二度と高い空へ 手を伸ばせないのだろう
木枯らし吹いて もうすぐやってくる
冬を待ち望んでいる

kinatokorukahirinatotsugenshi kiyuekitegayahakitsu←
surateotirinatotsugenmahagoisa shidaokateshitokidukami←

秋は夕暮れ 時雨が地を叩く
今日は月が光を 射すことはないのだろう
生き御霊は 涙を流して
「秋」の音に詩を乗せて 切なそうに歌うのだろう
そして宵闇に 悲しい音がほら
響き渡っていった



秋の音は夕方にぱらぱら降ってきた雨が舞台。
もうすぐ冬がやってきてさらに悲しくなっていく情景。

唯一の女の子、佐武ちゃんが演じてくれた秋娘。
秋娘は佐武ちゃんしかいないなーとすごく思いました。
彼女の切なそうな表情が秋のイメージにぴったりでした。
人一倍歌を頑張ってくれた彼女。
誰よりも力強く「頑張ります!」と言ってくれました。
夏っ子より少しお姉さんな秋娘を演じ、歌いきってくれました。
ありがとう♪

秋のオリジナル言語訳
→宵闇を待つ秋の夕暮れ 稲穂が静かに揺れている

→月はやがて消えゆき 新月となり光ることなき
→三日月として顔を出し 最後は満月となり地を照らす
スポンサーサイト
2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
rasarasahanosasa nimeyunoyonotsuna←
rakirakimasashiho nimeyunoyonotsuna←

たくさんの星屑が散らばる
僕が奏でるのは「夏」の音
まるで一つ一つが音符のように瞬いてる

太陽が顔を出す頃は
暑い日差しが青い海に差し込んで
風鈴の優しい音色が
火照った心を涼めてくれる

rasarasahanosasa nimeyunoyonotsuna←
rakirakimasashiho nimeyunoyonotsuna←

蛍の光 川を照らし
一つ また一つ 消えてゆく
祭囃子 賑やかさを増して
空に咲いた 色とりどりの花火

「夏」の音 奏でる僕は
鬼灯の形をした 明かりに照らされ
五月雨の降る短夜に
この詩を歌うよ

雨は止み 朝日が昇り
残った雫たち 葉の上で踊る
背伸びをしたひまわりたちは
届くはずのない
太陽に笑みを送る

rasarasahanosasa nimeyunoyonotsuna←
rakirakimasashiho nimeyunoyonotsuna←


夏の舞台は晴れ渡る青空が広がる昼下がり。
朝から少し雨が降っていた模様。
夏は私の中で音符が弾けるようなイメージでした。

夏の音はキャストに多田くんを迎えて奏でた詩です。
夏っ子って呼んでましたw
4人の中で一番末っ子くん。
明るく元気いっぱいな甚平少年です。
彼自身すごく緊張したようですが、元気いっぱいに演じてくれました!
お客様からもかわいい!との声が。
かわいい夏っ子ありがとう♪

夏のオリジナル言語訳
→夏の夜の夢に笹の葉さらさら
→夏の夜の夢にお星様きらきら
2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
spring,summer,autumn,winter.
Story can be called "Four Seasons" for the first time have all.
(全て揃って初めて「四季」という物語が出来る)

kinatokoruresuwa rokokonotomaya teiwazia riokanokishi

temetotsuhayufu reguyuhakia ruyohatsuna nobokeaharuha←

nakakishikutsuu tagasurutiima toraharaha haimookikafu
nikazushihayuhu kinatsusehakia kurukaahatsuna kishisayaharuha←

桜が咲いて 陽がまぶしく 木枯らし吹いて 雪が冷たく
季節の色が 鮮やかに映る 四季と言う名の 物語

音のあるこの世界で 僕たちは今 詩を歌うよ
僕たちにしか出来ない 音を空に響かせるんだ
四季は巡るくるくると 春夏秋冬色を変えて
それぞれの詩を君に 伝承の歌として伝えてゆく

kinatokoruresuwa rokokonotomaya teiwazia riokanokishi

temetotsuhayufu reguyuhakia ruyohatsuna nobokeaharuha←

nakakishikutsuu tagasurutiima toraharaha haimookikafu
nikazushihayuhu kinatsusehakia kurukaahatsuna kishisayaharuha←


すべてのはじまりのうた
僕らの世界へようこそ
ここは異世界
その中にある緑あふれる森の中
そこで詩を紡ぐ季節の精霊たちと
精霊たちの言の葉を人へと伝承する一人の少女
そんな彼らの物語の始まりの詩です。


舞台で歌わせていただいたのは最初の英歌詞だけでしたが、実は序章はこういう流れになってます。
残りのところ、なんて書いてるか謎だと思うのですが、実は←の方向から読むとちゃんとした日本語になるんです。
ちなみに序章では、

→春はあけぼの 夏は夜 秋は夕暮れ 冬は努めて
四季の香り 味わいて 大和の心 忘れることなき

→春は優しき 夏は明るく 秋は切なき冬は静かに
深き想いは はらはらと 舞い散る姿 美しきかな

と書いています。
よーく読めばわかりますよ(´ω`*)
2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
色とりどりの花を咲かせて
さぁ飛び出そう 僕らのSTAGEへ!


小さな種が一つありました
これから共に歩むため
何色になるかは僕次第 誰にもわからない
『この種は奇跡の種だよ』と
信じれば話せるんだって
だから僕は君を大切に 毎日話しかけた

だけど君はなにも語らない 土から顔すら出してくれない
もうわからないよ どうすればいいの?
こんなにも強く君に想いを伝えてるのに

僕の心に植えた種は きっととても儚いもので
僕はどれだけ大切に出来たのかな?
君にも僕と同じ命が この種の中に存在している
見て聞いて話して呼吸をしている

色とりどりの花を咲かせて
さぁ飛び出そう 僕らのSTAGEへ!


ある日君が芽を出して
キラキラ輝く光を浴びて
僕に静かに語りかける
『僕は君に生かされているんだ
だから君が僕であるために
最期まで離れないよ』


そしていくつかの時が過ぎて 君は欠かせない存在になって
僕の心の中の 蕾がやがて
君に似合う色鮮やかな一輪の花を咲かせた

今この瞬間を待つ僕に 君は静かに話しかけた
『これまでの時間(とき)は無駄じゃなかったよ
だから最期まで一緒にいてね』 君は笑顔でそう言った
僕は頷いて飛び出した
『さぁ君の出番だよ!』

僕の心に植えた種は 今鮮やかな花になって
たくさんの光を浴びて笑っている
君にも僕と同じ命が この花の中に存在している
見て聞いて話して呼吸をしている

全ての役目を終えた君は 僕を見つめ涙を浮かべて
『僕は幸せだったよありがとう…』
笑顔でそう言った君は 天高く光の粒になって
僕の手の中に一つの種を残した

新たな種との出会いを 心待ちにして
また色とりどりの花を咲かせて
さぁ飛び出そう 次のSTAGEへ!




舞台に立っていつも思う事。
演じるキャラクターと一つになること。
一つになって、彼らと会話したりすること。
そして、彼らと出会って別れること。
短い間だけど、彼らと作るSTAGEを大切にしていきたい。
そう願って作った曲です。
2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
君の中で僕は 何色に映っていたのだろう
君の思い描く色に 染まっていたのだろうか


真っ白いキャンパス ぽつりと僕が描かれている
君はパレット片手に 僕を見つめている

僕の周りに描かれた 深い深い蒼の色
視点を下げれば だんだんと暗く染まっていく

周りは君の大好きな 深い寒色に包まれていく
どこか寂しげに見えるけど それはきっと
君の想いの深さなのだろう


そして気づけば僕だけが まだ真っ白なままで立っている
目も鼻も口もまだない ここから君は どう僕を描いていくの?


僕の服に描かれた 暖かい朱の色
そこから広がる 暗く深い海に照らす光

体は君の大好きな 優しい暖色に包まれていく
何があっても決して 消えたりしない
君は希望の光なのだろう


やがて真っ白だった 僕の顔に君は 新たに想いを込めて
深い海の中で 暖かな服を着た 笑顔の僕を描いた


真っ白だったキャンパスが 君の想いでいっぱいになった
その時君は涙を流し 語りかけてきた
「やっと笑ってくれたね」

僕は君の大好きな たくさんの色に包まれていた
これでもう大丈夫だね ありがとう
地上にいる大好きだった君へ
COLOR...



初めて形になった詩です。
1年ちょっとの間あたためつづけた大事な曲。
この曲があったから、舞台であいましょう2013に出演してたくさんの人と出会えた。
あなた~COLOR~わたしへ
と、サブタイトルにも組み込んでいただいた。
それぞれのCOLORが生まれた曲です。
大事なこの曲を原点に、いつまでもあたしのCOLORが生き続けますように。
どどーんぱ☆
あゆかわでぃす。┌(┌^o^)┐
どこどこ忙しい毎日ですが、いよいよ今週末本番です!
霜春刹斗初お目見えだょ!
名前違うだけだからどーとでもないけどさ!←

そこで!
今回は公演前に衣装やらメイクやら大公開でございます!
もうすでに舞台であいましょうブログには数名公開されておりますが。
今日はどどーんと!公開しちゃうよぅ!

まずメイクからー。
メイクはね、本人写真じゃないの。
わたしなの。
そしてキャストさんのとは少し違うの。
でもほとんど一緒ですよ(`・ω・´)
今回全てのキャストにラインストーンを使用しました!
おめめキラキラー(´∀`*)ウフフ

春メイク

とにかくピンク!
今回春を演じる宮崎くん、意外とピンク似合うんだなー。
優しくふんわりなイメージを出したかったんだけど、写メは少し濃い目に作ってます。
ラインストーンもピンク。位置が少し変わります。
(この位置だと結構女の子みたいになっちゃって、不審者みたいになっt←)

夏メイク

ラインストーンを目尻と目頭に置いてます。
目頭にやったらやんちゃな感じになるかなとか勝手なこと考えてましたけど←
メイクはベースに薄めの青、上から緑入れて瞼は青い空と草原のイメージに。
涙袋は黄色を入れて、草原に咲くひまわりや夏の元気さ・人懐っこさをイメージして入れてみました。

秋メイク

秋は唯一の女の子、佐武ちゃんが演じてくれます。
ラインストーンは肌の色と同化しやすいせいか少し大人しめになったので、メイクで秋らしさを出してみました。
紅葉をイメージしたので、赤・黄色のシャドウで紅葉の景色を見るようなグラデーションに。
実は秋メイクが一番お気に入りだったり♪

冬メイク

冬は悲しみをイメージ。
ラインストーンもちょうど涙型のものがあったので、泣いてるようなイメージにしました。
涙袋に白のラインを入れて雪が降り積もった雰囲気にしてみましたよーぃ。

僕メイク

何色にも染まらない無のイメージ。
ラインストーンもパールを使いました。
本番ではラインストーン減ります。
いやだって、これそばかすみたいじゃないですかw
あと季節たちのラインストーンが結構多めなので、敢えて少なくしたいというのがね、あるわけですよ。一番人間に近い子なので。


さてさて、お次は衣装ですん。
今回節約節約とか、普段も着まわし出来るとか。
そういう感じで選んでるので、衣装は意外と現実味溢れております(」・ω・)」
足元は全員裸足でっせ!
靴とかいらん!
だってここは空想の世界だからー♪←

春衣装

すでに冬もうつりこむww
ピンクの七分カッターです。
あ、カッターシャツって関西以外に通じないとか聞いたけど本当なのかしら。
とまぁそんなことは置いといて。
パンツは宮崎くんの私物でお願いしたところ、しっくりきたのがこれでした。
春自体が桜の木のような雰囲気。

夏衣装

多田さま、甚平を欲しがっていたので、思い切って甚平にしてみました。
多田さま自身、服屋さんの店員さんなので結構お任せにしちゃいました。
腰には彼が併せで着けたいと灰色の腰巻きがあります。
手首のアクセは多田さまの私物。いいアクセントになったんじゃないかなー。

秋衣装

ほぼあゆかわの私物です(`・ω・´)
ふわふわイメージで少し冬に近いポンチョに秋らしいカラーリングのロングスカート。
インナーは白の七分袖。佐武ちゃん私物です。
秋が一番最初に決まったからかなり楽でしたw私物万歳。
そして唯一のスカート!あゆかわはパンツスタイルだものうっふん。

冬衣装

冬「母さん、俺学校行きたないねん…」
佐武「何わけわからんこと言うてんの、はよご飯食べて学校行き!」
みたいな寸劇に見えませんかね←
冬は写メでは、the引きこもりに見えますけども!
全てハマーが購入してきたものです。
色は基本的になし。上の服も灰色です。
露出が一番ない子なので、基本的に露出しない衣装にしてもらいました。
ただ、彼ね、足がね、なかなかサイズの合うズボンがないのよ←
ぴっちぴちハマーに会えるかもしれんぞ…!!←

僕衣装

こちらはクリーム系が主な衣装です。
たまたま行ったアウトレットで見つけて即購入しましたw
羽織りはポンチョみたいなのですが、前を着物のような感じで留めています。
下はマキシパンツ!マキシ欲しかったから嬉しい!
思ったよりふわふわします。
動いたら布のなびきがイイ感じにゆらゆらします。


とまぁこんな感じです!
これを生で見て欲しい!
パンフもあゆかわさん作ってまっせ!
素敵なパンフに仕上がってるはずなのでそちらもチェック!

さてと、今からまた稽古で天満に向かいますー!
でゎでゎ!(`・ω・´)
2013.07.15(Mon):日常
本番がね!
あゆかわですよ!
せっちゃんとしての初舞台が刻々と近づいておりますわよ。

チケットご購入いただきました皆様有難うございます。
まだまだお席ありますので、早いうちの予約がおすすめでございます!
今回限定席のため、本番直前に売り切れる可能性ありますので!


さて。
日常的なとこのお話を。

熱中症にかかりました!
皆さんほんと気をつけてくださいね!
甘く見ちゃいかんよー!
初の熱中症にあわあわしてました。

そんななか稽古も進んでおりまして。
パンフ撮影も無事に終わり。
素敵なお歌が出来上がっておりますよ!

お仕事も大変になっていますが、ぼちぼちやっております。


とにもかくにも本番まで頑張って突っ走りますわ!

ではお仕事に行ってきます(`・ω・´)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。