--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.31(Wed):紡いだ詩たち
君の中で僕は 何色に映っていたのだろう
君の思い描く色に 染まっていたのだろうか


真っ白いキャンパス ぽつりと僕が描かれている
君はパレット片手に 僕を見つめている

僕の周りに描かれた 深い深い蒼の色
視点を下げれば だんだんと暗く染まっていく

周りは君の大好きな 深い寒色に包まれていく
どこか寂しげに見えるけど それはきっと
君の想いの深さなのだろう


そして気づけば僕だけが まだ真っ白なままで立っている
目も鼻も口もまだない ここから君は どう僕を描いていくの?


僕の服に描かれた 暖かい朱の色
そこから広がる 暗く深い海に照らす光

体は君の大好きな 優しい暖色に包まれていく
何があっても決して 消えたりしない
君は希望の光なのだろう


やがて真っ白だった 僕の顔に君は 新たに想いを込めて
深い海の中で 暖かな服を着た 笑顔の僕を描いた


真っ白だったキャンパスが 君の想いでいっぱいになった
その時君は涙を流し 語りかけてきた
「やっと笑ってくれたね」

僕は君の大好きな たくさんの色に包まれていた
これでもう大丈夫だね ありがとう
地上にいる大好きだった君へ
COLOR...



初めて形になった詩です。
1年ちょっとの間あたためつづけた大事な曲。
この曲があったから、舞台であいましょう2013に出演してたくさんの人と出会えた。
あなた~COLOR~わたしへ
と、サブタイトルにも組み込んでいただいた。
それぞれのCOLORが生まれた曲です。
大事なこの曲を原点に、いつまでもあたしのCOLORが生き続けますように。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://settyan414.blog.fc2.com/tb.php/47-20f7f822
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。